[PR] 投資信託 Challenge! 制限
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.14 (Fri)

制限

今日はテスト返却三教科。


そして、花金に限って・・・・






帰りSHR後、バトル。





気になる内容は、登校スタイル。



ちなみに言いますと、朝家を出るのが遅い場合、母ちゃに途中で降ろされます。
(学校まで、200mもないね。)




今日もそうであった。

車椅子で滑走していると、YZの乗った車に見つかった。



まぁ、いいやと思って車椅子を進めたのが悪かった>私にとって。







そのことで、怒られる。





先務の言い分。






「朝のことだけどー、危ないから学校まで来てもらってくれないかなぁ。」



的に言われたので言い返す。



「はぁ。別にいいじゃないですかー」



すると・・・・・・



「いいわけないじゃないか!!(怒)事故にでもあったらどうするんだ!!」


「フッ。遭うわけないじゃないですかw一度遭ってますしww」




「二度あることは三度あるっていうだろ!!!!」


二度も遭ってませんが。





頭にきた私は、ため息混じりに、

「べつに。」

と言った。そして、続ける。



「別に、事故に遭って死んでも構いませんけどー本望ですし。」←なんかの台詞だった気がする

そして、相手をこっちのペースに乗せてみる。(ぁ



「そんなこと言うな!」



ケッ(ぁ



「いや、実は前、リストカットとか、自分で首絞めたりしたんですよー」

ちなみに、リスカはストレスでかなり参っていた時期のことで、首の方はネクタイを縛っていて誤って絞めそうになったときの。




ちなみに、---願望でやったわけじゃありますぇんw(ぁ






先務、大焦り。


「そ、そんなの本当かは知らないけどな。」



焦って、仮定にされる(ぁ






飛んで飛んで。



私の言い分。






「いやはぁ。学校まで来るとなると(遅い日)、母さんが困るんですけど。」








「うちの母は派遣なんですよーーー時間短くなると、母さん給料が減って困るんですよねーー」




経済的理論。






「そんなの命に比べたら、どうでもいいじゃないか!!!」








どうでもいい、ときましたか。

「だったらオメェ、早く結婚して子供を育ててみやがれ!!」とか思ったり。


まぁ、そこは押さえて。





「いや、うちの妹も今度高校ですし、私立行くってのも考えられるじゃないですか。」






よく言った、私。

そこで話の展開が一転し、経済の話に突っ込んだ。







そして対談すること、二十分。





結論的に、


「電話して、お父さんお母さんに認めさせるからな!!」



またですか(´・ω・`)









それで制圧する気ですか(´・ω・`)








すんなり要求を受け入れるほど、うちの親は優しくありませ~ん(ぁ






結構腹黒なので、言うことなんて全部は聞きませんw
スポンサーサイト

テーマ : 高校生日記 - ジャンル : 日記

EDIT  |  13:48  |  高校生活  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。